Webphoto >> 最新画像向け 最新画像向け > ayuhey > 110731 017

[<   110731 070 110731 058 110731 030 110731 017 110720 005 110720 024 110718 025   >]

110731 017
110731 017 ( 49.8 KB )


110731 017 高ヒット
投稿者 大内 鮎平 さんの画像をもっと 大内 鮎平    
タグ カテゴリ ayuhey     前回更新: 2011-8-4 21:50     写真・動画・メディア ファイルサイズ 49.8 KB
ヒット数 1347   コメント数 0    
伊南川は未曽有の降雨に見舞われました。

以下、コピー。

伊南川大好きのみなさま。

伊南川は何十年に一度の大暴れでした。
放流のしていない下流域は特に被害が大きかったようです。
旧南郷付近は、ウソのように被害がありませんでした。

ご説明します。

ぼくは、雨は周知の伊南川行きです。
雨が上がった後の引き際の大釣りを狙って行きましたが、
とんでもない事件に遭遇することになりました。

木曜日の夜は下流の定位置でテント宿泊でしたが、間断なく降り続きます。
水位をみていて、特に恐れたり、大事になるとは考えもしませんでした。
金曜日にはテントは、そのままに小雨の中を宮川屋さんに行き、しばし談笑の後に土手沿いに写真を撮りながら湯ら里に行き温泉を楽しみました。
4:00pmころに、湯ら里からテントに向かったところ長浜の手前で鉄砲水による土砂崩れが発生しています。
採石場の駐車場で開通を待ち、一台ずつ重機の先導により通過。
その頃は、ほぼ薄暮のころです。
パチンコ屋さんの前の道路は、どこが田圃で道路か判りません。
溢れた水は逆巻きながら流れています。
恐怖心はありましたが消防署まで行き、歩いて萬才橋を見に行きました。
水が橋の上に届くほどでしたが、意を決してクルマで通過しました。
倉田屋さんのあたりも、水深が20cm程の川になっています。
そろりそろりと走り、伊南川が見えるとこに来て小川橋を渡ってテントに行く気が無くなりました。
とてつもない恐怖心からです。
福井の知己の家に寄り、助けを求めた次第です。
丁度、当家のご夫婦が只見町の避難勧告によりクルマに乗り込むところでした。
ぼくも上福井公民館に連れて行って頂きました。

この時点でテントと鮎用品は放棄しました。

小川橋が落ちたのは、それから五時間ほど後のようです。

只見町の皆さまには、大変お世話になりました。
消防団の皆さま、役場の皆さま、上福井の皆さま。
ほんとに、ありがとうございました。

次の日の晴れ間にテントを撤収して、千葉に戻りました。
かさねがさね、ありがとうございました。


[<   110731 070 110731 058 110731 030 110731 017 110720 005 110720 024 110718 025   >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。


execution time : sec